水の賞味期限

水は腐りやすいイメージがありますが、しっかり殺菌され密閉されているウォーターサーバーの水の賞味期限は3カ月〜1年と非常に長いです。開封後だと2週間〜3カ月程度となりますので開封したら出来るだけ早く飲む事をお薦めしますが、開封前なら災害などの緊急時の備蓄としても十分に使えます。
サーバーの水自体はサーバーを通さなくても飲む事が可能ですし、災害時の停電でサーバーが使えなくても問題ありません。勿論断水時にはウォーターサーバーを設置しているご家庭は問題なく飲み水に困る事は無いので、原発事故以降設置するご家庭が増えた事は言うまでもありません。
あまりに賞味期限が長いと保存料などが沢山入っている気がして心配な方もおられるかもしれませんが、ほとんどの企業の水には保存料は入っておらず空気による雑菌が触れない様にボトルに入れられていたり、サーバーに設置しても蛇口から空気が入らない様な構造になっている為通常のペットボトルの水を開封したように数日で腐らない様に工夫されております。ただしやはりに開封後日にちが経つと微妙に風味がや味が落ちる事もあるので早く消費する事が望ましいとは言われていますので購入ノルマがない企業から購入する場合はあまり沢山買い込まない様にするようにしましょう。